camellia

Click here for the camellia homepage


ツバキのホームページはここをクリック!
OASYS
Copyright (C)1995-2007 FUJITSU LIMITED All rights reserved.
2001.6.27 URL が、http://www.ykanda.jp/になりました。
2004.12.14 所蔵するオアシスのカタログ全部入れました。
2007.1.14 雑誌にのったJEFの記事
2008.10.10 毎日新聞の記事
2009.11.11 ワープロの店

オアシスのホームページにようこそ

日本語ワードプロセッサーOASYSの生みの親、 神田泰典が提供します。乞うご期待!
オアシスの発表、親指シフト開発、種々のオアシスの製品のことなど
富士通沼津工場に保管してある OASYS 100と 親指シフトの試作機です。
2009.11.10 朝日新聞掲載の広告です。
中古のオアシス(含む 親指シフト)の販売や、修理、フロッピの読み出しなどの サービスを行っています。

毎日新聞 2008年10月6日 に 「漢字を守った技師」
という見出しで私のことが記事になりました。

コラム OFF-LINE オフライン
漢字を守った技師

携帯電話でメールを打つ、パソコンでプログを更新するーー。
今では当たり前の光景だが、米国生まれのコンピューターが日本語を扱えるようになるまで、
メーカーの苦闘があった。70年代末のことだ。
かな漢字変換やキーボードを使った日本語入力の方法など乗り越えるべき課題は多かったが、
技術者たちは研究と工夫で乗り切った。その一人、神田泰典・富士通顧問(70)に話を聞く機会があった。
当時は「日本人がコンピューターを採用するためには漢字を捨てるしかない」という意見まであった。
「漢字は貴重な財産であり、一度失ってしまえば二度と取り戻せない」。
そんな思いを抱きながら開発に没頭したという。大型コンピューターの日本語システム開発を指揮し、
自治体が漢字で処理された住民票を発行できる礎を築いた。
また高いシェアを誇ったワープロ「OASYS」を世に送り出し、
コンピューターと日本語の垣根を取り払うことができた。
私たちがやらなくても他社が完成させていただろうと、と振り返る。
「しかし自分たちがやれて良かった」。
"漢字廃止論"を一掃したエンジニアは誇らしげな表情を見せた。
【デジタルメディア局・牧野哲士】

YOMIURI PC 2007年2月号に、JEF のことを書いた記事が載りました。



「誰が日本語を作ったか」という6頁の記事です。取材 2006.7.27 山野辺記者
1972年に稼働した日経新聞とIBMが開発した新聞紙面作成システムのこと。
次に、小生が取材をうけたJEFの企画から開発のストーリー と大宮市の住民システムのことが書いてあります。
日本人はコンピュータを採用するためには、漢字を捨てるしかないという風潮が、JEF の成功によって、立ち消えになった。漢字を救ったということが文化史的にみて重要だという私の持論が記されています。